朝日通り薬局

♯11 朝日通り薬局010515.gif

かめさんぽ、今回は岩倉ひろみ先生の朝日通り薬局におじゃましました(^^)/
城山のふもと、西郷隆盛の銅像から海の方へまっすぐ進み、東郵便局交差点を左へ35歩の場所にありました。

.JPG ←東郵便局の海側です

開局は平成13年10月、もともとご主人の実家が戦後すぐからこの場所で家業を営んでいて、そのスペースの一部を薬局にしているそうです。

「主人がこの地域に永くお世話になっているので、薬局名もなるべくここにちなんだ、馴染みやすい名前にしようと思って、朝日通り薬局と名付けました」。

ちなみに、現在は西郷銅像、中央公園、宝山ホールとなっているこの辺りから、朝日が昇る方向に道が続いているから”朝日通り”と名付けられたこの道、実は国道58号線で、この先は種子島、奄美大島を経て沖縄本島に続いているそうですよ、プチ情報でした(*^_^*)

開局のきっかけは、「大学を卒業し病院に勤めていた頃、患者さんから一緒に使っている一般薬の相談をされても、よく知らなくてきちんとした返事ができなかったんですよね。それならば、なんでも答えられる薬剤師になろうと、この薬局をなんでも相談できるいわゆる”町の薬局屋さん”にしようと思って決心しました。薬局のコンセプトは『健康な人にも来ていただける薬局』です!」とのことでした。

 

.JPG ←店内です

その言葉の通り、処方せん・一般薬・漢方相談など薬局業務の傍ら、学校薬剤師やサプリメントアドバイザー、スポーツファーマシスト、禁煙支援薬剤師などさまざまな資格を取得し、多方面で活動しているそうです。

また、月に1回専門の方にお願いして、ご希望の方にお肌のマッサージをしてもらっているとか。そんなこともあってだんだん顔なじみの方も増えてきて、「皆さんが、ちょっとしたときに気軽によってくれるようになりました。うれしいですよね(*^_^*)」と、やりがいを感じているそうです。

 

.JPG .JPG

↑サプリメントアドバイザーと禁煙支援薬剤師 ↑スポーツファーマシスト  の認定証です。

庄島先生からのメッセージを伝えると、「薬剤師会の役員の件は・・・・、断るのが下手なんですよね、きっと(^^;)。気がついたら引き受けていました。庄島先生にも助けていただいて感謝しています。お酒は好きですね、でも、庄島先生よりはきっと弱いと思いますよ(^^)」とのことでした。

趣味について尋ねると、「体を動かすのも本を読むのも好きです。ママさんバレーとソフトバレーのチームに入っているんですが、なかなか忙しくて行けていないのが残念です。読書は息抜きに。最近読んで面白かったのは、井坂幸太郎の『重力ピエロ』。『ダ・ヴィンチ・コード』を書いたダン・ブラウンの本も好きです。とっておきの一冊は『赤毛のアン』、私のバイブルです。色んな方の翻訳で読みましたが、やはり村岡花子さんのが一番しっくりきますね」。

かめさんぽ訪問記念に、岩倉先生から本を頂きました。幻冬舎の『ぶた にく』という、鹿児島のある豚舎を取材したドキュメンタリー写真絵本です。生まれたばかりの豚のかわいい写真や人間の手によって食肉にされていく姿は、”食”についてだけではなく”命”や”生きること”についても考えさせられました。興味のある方はぜひご一読を(^_^)v

 

.JPG

岩倉先生には あおば調剤薬局荒田店 の植之原裕美先生をご紹介いただきました。

「縁あって2~3年前からの知り合いなんですが、スポーツ万能で特にゴルフやソフトバレーがお上手です。お酒を飲めないのにつきあってくれて、明るくて、楽しい方ですよ」

とのことでした。お楽しみに!

 

朝日通り薬局のもっと詳しい情報はこちら笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です