南林寺薬局

♯6 南林寺薬局010515.gif

かめさんぽ、今回は濵田正先生の南林寺薬局におじゃましました(^^)/

場所は松原小学校の中央駅側、ツインハウス南林寺(”酒のキンコー”のあるビル)1階です。向かいには鹿児島南林寺郵便局がありますよ。

1.JPG 2.JPG

正面                    斜めから

開局は平成8年11月、それまでセオ薬局に勤務していたところ、ちょうどスペースが見つかったのと、周囲の人の勧めもあって独立したそうです。

瀬尾先生からの情報にあったバックパッカー時代のことを聞くと、「実は美術教師になりたかったんですよ、結局薬学部に入ったんですけどね(^^;)」と、話してくれました。

「卒業後しばらく広島のドラッグストアーで働いていたんですが、平成に入ってすぐ、尊敬する手塚治虫先生が亡くなりましてね、なんか呆然としてしまって、生意気にも(←あくまで本人談です)自分探しの旅に出ようと1年ちょっとかけて世界一周をしました、あの頃は若かったですねー(^o^)。アラスカのマッキンリーでご焼香もしてきましたよ」とのこと。

ん?アラスカ・・・?と首をひねっていると、「植村直己さんも尊敬していたので、ぜひ現地に行ってみたくて。その時に向こうで入手したのがこの生写真です。自分の宝物ですよ」と額に入れて飾ってあった貴重な写真を見せてくれました。

 

貴重な写真

その他にも、まだベルリンの壁がある時代だったので当時の社会主義世界を見て物資の少なさに衝撃を受けたり、自然や古代遺跡が好きで、じっくり見て回ったりしたそうです。

「でも、もう一回行きたいのはニューヨーク!ああいう、人間が作り上げた超人工的なエネルギーで動いている街というのは、東京の比ではないですね」とのことでした。

帰国後は帰鹿し、セオ薬局に就職、開局に至ったそうです。「セオ薬局に勤務していた頃に出会ったいろんな方の紹介で現在の場所に開局しました。開局後もいろんな経験をしたけれど、今はその方々にとても感謝していますよ」とのことでした。

 

店内には一般薬等も充実していました

将来の夢は「いずれ老後は海外移住!海外ならどこでもいいですよ」と話してくれました。

そうそう、世界一周の”自分探し”の旅で何が見つけられたのかは、ぜひ濵田先生に直接お確かめ下さい(*^_^*)

そんな濵田先生には、八善薬局の南皇侍先生を紹介して頂きました。

「良い意味でうんちくの多い、すごく物知りな方です。とくに薬剤師会のことに関しては、私にとって生き字引のような方ですよ」

とのことでした、おたのしみに!

 

南林寺薬局のもっと詳しい情報は こちらあっかんべー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です