痛風発作入院

痛風の発作が出て、入院した体験談

43歳、男、会社員。

 

健康診断で尿酸値が高い事は分かっていましたが、放置してました。

 

ある時、痛風の発作が出てしまった為、病院を受診しました。検査をしたところ尿酸値よりも糖尿病が悪化していたので即入院となりました。

 

入院中は痛風の治療は中止し糖尿病の治療だけとなりました。

 

薬の種類によっては尿酸値をあげてしまうものもあるそうです。

 

糖尿病食になったところ、尿酸値もだんだん下がってきました。

 

退院後もヘルシーな食事に変え、カロリーも抑えた食事にしたところ尿酸値もみるみる下がりました。

 

尿酸値を下げる有効な手段としては、投薬中の人はしっかり薬を飲んで、適度な運動(自分の体力に合った運動)投薬中じゃない人も食事を野菜中心にし、食べ過ぎない事。

 

主治医の先生が言ってましたが、食事をある程度制限すれば自然に尿酸値も下がるそうです。

 

まずは病院に行って先生の言う事を守ってください。

 

健康診断などで尿酸値が高くて病院に行ってない人は病院に行く事を勧めますが、どうしても病院に行きたくない人は、食事をヘルシーな物に変え、適度な運動をすると尿酸値も下がってくると思います。

 

どんな食材にもプリン体は含まれてます。

 

プリン体の摂取を制限するのはなかなか難しいので(できる事ならプリン体の摂取を抑えた方が良いです)ネットで調べれば一日のプリン体の摂取量など分かります。糖尿病食のように味が薄めで、カロリーを抑える。

 

これが尿酸値を下げる近道だと思います。

 

尿酸値が高い人は肥満の人に多いそうです。

 

運動はカロリーを消費してくれるので、肥満にも尿酸値が高めな人にも効果的です。

 

まずは自分に合った運動をして肥満体から脱出しましょう。

 

食事も野菜中心のヘルシーな物に変えましょう。

 

結果的に肥満から脱出し尿酸値もさがります。

 

まとめると。

 

まず病院に行って投薬が必要か検査をする。

 

→現状を知る事。投薬が必要であれば先生の言うことを聞くこと。

 

自分に合った運動から徐々に体に負荷をかけていく。

 

→筋力を付け、代謝を上げる事で肥満体から脱出する。すると自然に尿酸値もさがる。

 

食事を野菜中心にして、ヘルシーにして食べ過ぎない。

 

→食事制限をする事でプリン体摂取量を減らす。

 

適度な運動、適度な食事で尿酸値を上げないようにしましょう。

 

痛風の発作が出るとかなり痛いです。(経験済の人もいるかと思いますが)

 

がんばれば、痩せるし尿酸値も下がるし良い事が多いと思いますので、自分に負けずにがんばりましょう。

このページの先頭へ戻る