尿酸値下げるプリン体

尿酸値を下げるためにプリン体の取りすぎの注意が必要です。

私は40代の自営業者の男です。

 

尿酸値が高い状態のまま放置していると、通風の様な厄介な症状を発症し易くなるので注意が必要です。

 

だからこそ尿酸値が高い数値が出てしまった場合には、出来るだけ早く下げる努力を行わなければなりません。

 

そんな中、尿酸値を引き下げる方法としてまずおすすめ出来るのが食生活に注意する事です。

 

特にレバーの様な動物の内臓や、魚の干物は出来るだけ食べない様にする事をおすすめします。

 

というのも尿酸値を上げてしまう主な要因の1つに、プリン体の摂り過ぎという問題があるのです。

 

プリン体は体内でも生成されているため、それを多く含む動物の内臓や魚の干物等を食べ過ぎてしまうと、体内で過剰に増えてしまいます。

 

その結果、体内の尿酸がきちんと体外に排泄出来なくなるため食事に注意する事で尿酸値を下げる効果を得る事が可能です。

 

尿酸値を引き下げる方法として、出来るだけお酒を控えるという方法も有効的だったりします。

 

もっとも中には、プリン体を多く含むビール以外のお酒を飲めば問題ないと軽く考えている人も少なくないです。

 

そのためビールの代わりに、日本酒やウイスキーといったお酒を沢山飲んでいたりします。

 

確かにそれらのお酒には、プリン体はほとんど含まれてはいないので一見すると大丈夫だと考えがちです。

 

所が実際はアルコール自体に、尿酸値を引き上げてしまう働きがあったりします。

 

お陰でプリン体を多く含んでいなくても、日本酒やウイスキーはアルコール度数が高いために尿酸値を上げてしまうのです。

 

 

尿酸値を下げたいなら、アルコール自体を口にせずに禁酒する事がおすすめ出来ます。

 

更に尿酸値を下げる方法として有効的なのが、肥満を解消する事です。

 

食べ過ぎにより肥満体形になってしまうと、体内で血糖を処理するインスリンが余った状態になってしまいます。

 

しかも困った事にインスリンは、尿酸の排出を邪魔する方向に働いてしまうので、高尿酸の状態に陥り易いのです。

 

なので食べ過ぎるのを止めて、体重を落とす事によってインスリンが余ってしまう状況を改善する事が出来ます。

 

つまり肥満体型である人は、減量する事で尿酸値を効果的に下げる事が期待可能です。

 

もっとも肥満体型でない人でも、尿酸値が高くなり困っている人も多かったりします。

 

そういった人は体質が原因となっている事が多いので、尿酸値を下げる効果のある物を積極的に摂取する事です。

 

牛乳やヨーグルトといった乳製品や野菜の多くは、尿酸を排出するのを促進する効果を持っています。

 

なのでそういった食材を積極的に摂取する事で、尿酸値が上がり易い体質の人でも下げる効果が期待可能です。

 

他にも1日2リットル以上の水を飲み、尿と一緒に尿酸の排出を促すという方法も効果的だったりします。

 

このページの先頭へ戻る